「風立ちぬ」二郎の丸眼鏡が大人気!ジブリ美術館で売切れ

二郎の丸メガネが大人気!ジブリ美術館で再現モデルを販売。

スタジオジブリ宮崎駿監督の最後の長編アニメーション作品となった「風立ちぬ」。
同作主人公の堀越二郎がかけている丸眼鏡の再現モデルが、飛ぶように売れているらしい。

cats


朝日新聞デジタルによると、二郎のトレードマークにもなっている黒縁丸眼鏡の再現モデルを東京・三鷹の森ジブリ美術館で販売したところ、大人気に。
手がけたのは福井県鯖江市の眼鏡企画会社「NOVA」。同社の企画デザイナー小林康之さん(42)が、門外不出の絵コンテを目に焼き付けて再現したという。
職人による手作りのため、一度にたくさんは作れないこだわりの品だ。

映画と同じ昭和初期の仕様で、フレームはセルロイド製、レンズはガラス。目と目の間がやや広い形状も忠実に再現した。
がま口の形をしたオリジナルの眼鏡ケース付きで、価格は税込み1万5750円。

知的でレトロな雰囲気のメガネでお洒落ですね!
ジブリ美術館では、他にもカプローニ人形や菜穂子の麦わら帽子など、「風立ちぬ」関連グッズを発売中。


【関連リンク】
「風立ちぬ」の丸眼鏡に鯖江の技 再現モデル人気/朝日新聞デジタル(外部サイト)
マンマユート便り/三鷹の森ジブリ美術館公式サイト