「もののけ姫」作品情報

「もののけ姫」作品データ、キャスト・スタッフ一覧、あらすじ、登場人物などの情報です。


(画像:wikipedia ©1997 Nibariki・GND)

「もののけ姫」は、1997年に公開されたスタジオジブリ宮崎駿監督の長編アニメーション作品。
20世紀の日本映画歴代興行収入第1位となった。
2011年現在、1位の「千と千尋の神隠し」、2位の「ハウルの動く城」に次ぐ国内興行収入歴代記録第3位を維持している。(洋画を含めると第5位)

作品データ

公開: 1997年7月12日
上映時間: 133分
制作: スタジオジブリ
配給: 東宝
キャッチコピー: 生きろ。
英題: Princess Mononoke
国外での公開 ・アメリカ 1999年10月29日
・カナダ 1999年11月26日
・イギリス 2001年10月19日
賞歴: ・第1回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞
・第52回毎日映画コンクール日本映画大賞
・第21回日本アカデミー賞最優秀作品賞
・朝日デジタルエンターテイメント大賞 シアター部門賞
・アニメーション神戸’97 部門賞(演出部門),部門賞(デジタル技術部門),アワード(劇場映画の部)
・マルチメディアグランプリ’97 MMCA特別賞
・第15回ゴールデングロス賞 最優秀金賞,特別功労大賞
・報知映画賞 特別賞
・日刊スポーツ映画大賞 監督賞
・石原裕次郎賞
・第39回毎日芸術賞 映像・映画部門
・エランドール賞 特別賞
・日本映画ペンクラブ 97年度ベスト5日本映画部門1位
・ブルーリボン賞 特別賞
・おおさか映画祭 特別賞
・高崎映画祭 最優秀監督賞
・映画鑑賞団体全国連絡会議 日本映画作品賞
・文化庁優秀映画 優秀映画作品賞
・読売映画 演劇広告賞 優秀賞
・日経優秀製品 サービス賞,最優秀賞,日本経済新聞賞
・第39回日本レコード大賞 作曲賞,アルバム企画賞(サントラ)
・日本のメディア芸術100選アニメ部門選出

ストーリー
エミシ一族の少年アシタカは、村を襲ってきたタタリ神に矢を放ったことで、死の呪いを受けてしまった。
その呪いを解く方法を求めてアシタカが赴いた西の地には、いまだ人を寄せ付けぬ太古の森があった。

その深い森には、荒ぶる神々として恐れられる巨大な獣たちが棲み、森を切り開こうとする「タタラ場」の人間たちと争い憎み合っていた。
アシタカはそこで自分が呪われた運命の根源を知り、犬神に育てられた人間の少女「もののけ姫」と出会う。
自らも呪われながら、森と人がともに生きる術を模索し奔走するアシタカに、運命の波が押し寄せる。

中世から近世へ移行しようとする室町後期の日本を舞台に、自然と人を壮大なスケールで描いた長編大作。

主な登場人物
■アシタカ(声:松田洋治)
主人公。アシタカヒコ。17才。無口で物静かだが、正義感が強く潔い少年。
大和との戦いに破れ、北の地に隠れ住むエミシ(蝦夷)一族の数少ない若者。
一族の長となるはずだったが、村を襲ったタタリ神に矢を放ったことで呪われた身となり、村を出る。

■サン(声:石田ゆり子)
山犬に育てられた「もののけ姫」と呼ばれる少女。15才。
森を侵す人間たちを酷く憎み、タタラ場に襲撃を繰り返す。
赤ん坊の頃、山犬たちの怒りをしずめるための生贄として森に捨てられた。

■モロの君(声:三輪明宏)
巨大な雌の犬神。齢三百歳。サンを山犬の子として育てる。
森を侵す人間たちを憎み、戦う。特にエボシ御前の命を狙っている。

■エボシ御前(声:田中裕子)
製鉄の村「タタラ場」のリーダー。侍に支配されない理想の国を作るため、シシ神の森を手に入れようとする。
冷静沈着で厳しい一方、売られた娘や重病患者などの社会的弱者たちを受け入れる徳を持ち、人々に慕われ尊敬されている。

■ジコ坊(声:小林薫)
謎の組織「師匠連」の一員。その命により、不老不死の力があるとされるシシ神の首を狙う。
旅の途中に出会ったアシタカに、シシ神の存在を教える。

■シシ神
生と死の両方を与え持つ神。昼間は金色の鹿の姿をしており、夜はデイダラボッチとなって森を徘徊する。
人間たちからは、その首に不老不死の力があると信じられ、またもののけたちの親玉として恐れられている。

■乙事主(声:森重久彌)
鎮西(九州)の猪神。巨大な猪で、五百歳の最長老。モロとは旧知の仲。
一族を引き連れて、人間たちに総攻撃をかける。

スタッフデータ

監督・脚本・原作: 宮崎駿
製作総指揮: 徳間康快
プロデューサー: 鈴木敏夫
作画監督: 安藤雅司 高坂希太郎 近藤喜文
美術: 山本二三 田中直哉 武重洋二 黒田聡 男鹿和雄
音楽: 久石譲
主題歌: 「もののけ姫」
作詞:宮崎駿/作曲:久石譲/歌:米良美一

声の出演

アシタカ: 松田洋治
サン/カヤ: 石田ゆり子
エボシ御前: 田中裕子
ジコ坊: 小林薫
モロの君: 美輪明宏
乙事主: 森繁久彌
甲六: 西村雅彦
ゴンザ: 上條恒彦
トキ
/エミシの少女A:
島本須美
山犬: 渡辺哲
ヒイさま: 森光子
ナゴの守: 佐藤允
牛飼いの長: 名古屋章
病者の長: 飯沼慧
キヨ: 香月弥生
ジバシリ: 冷泉公裕
牛飼い: 近藤芳正 坂本あきら 斉藤志郎
菅原大吉 冷泉公裕
タタラ場の女: 藤貴子 山本郁子
その他: 飯沼希歩(エミシの少女B)
塚本景子 中村彰男 山本郁子 松山鷹志
小林和矢 松田健浩 藤巻直哉 深澤幸太

【関連リンク】
DVD『もののけ姫』
DVD『「もののけ姫」はこうして生まれた。』
ジブリ作品一覧(劇場長編アニメーション・三鷹の森ジブリ美術館上映作品ほか)